出会い系サイト利用しても大丈夫?

婚活はここ最近、お見合いや紹介ばかりではありません。簡単なもので言えば、いわゆる「出会い系サイト」を利用することを考えてもよいでしょう。「出会い系サイト」という名前にはどうしてもあそび目的の利用者が多く、ともすると危険な目に会うかもしれない、ほとんどだと連想する人が多いでしょう。
しかし、それは偏見です。



実際には、真剣交際が目的の利用者がすごくの数いますので、プロフィール(どんな風に紹介するかによっても、その人の人柄などが出るものです)を見て「この人だ!」と思った人には、勇気を出してアプローチしてみましょう。新しい出会いを期待してスマホゲームやコミュニティのオフ会に参加する人もいますが、オフ会の趣旨とは異なる場合も多く異性との交流だけを目的とした人は出会い厨と呼ばれどの場でも好印象はもたれません。出会い目的であれば同じ目的で参加している人達ばかりの出会い系サイトの方が適しています。その気がない異性にアプローチするよりも同じ目的を持つ異性を当たる方が良い結果につながりやすいでしょう。知らない人と繋がることができる出会い系サイトにはよいことばかりではもちろんありません。寂しさに付け込んだ詐欺に巻き込まれることもあります。
サイト上では普通でも親しくなるとなにかのきっかけで暴力をふるわれてしまう可能性もあります。独身者以外の人が不倫目的で出会い系に潜んでいることもあります。
しかし中にはサイトを通じてゴールインされた方もいらっしゃるので、出会い系サイトの中での見る目が重要なのでしょう。男性会員の数が女性会員にくらべて多い出会い系サイトでは好みの女性を見つけて連絡をしてみても返信が来る事自体が珍しいですし、女性が自分のプロフィール(どんな風に紹介するかによっても、その人の人柄などが出るものです)を読んで、連絡をくれる事はすごく少ないのが実情ですしかし、医者、税理士、社長などの肩書があれば、その肩書に惹かれた女性たちからのあまたのアプローチがあることでしょう。ではプロフィール(どんな風に紹介するかによっても、その人の人柄などが出るものです)で嘘を書くべ聴かというと、確かにメールは来ますが、直接会ったときにどこかで話がかみ合わなくなり困ったことに巻き込まれかねません。できるだけ自分の個人情報は知られたくないと思受けれど、好きになれ沿うな相手には個人情報を教えて貰いたいと思うのがほぼすべての利用者の本心ではないでしょうか。女性利用者は特にたやすく連絡先を教えることはないでしょう。女性が自分から連絡先交換を持ちかけてくるようなときには、女性と思わせて個人情報を聴き出沿うとしている悪質な業者という場合もありますのです。考えすぎだと思う人もいるでしょうが、そのぐらい警戒しておいたほうがちょうどよいと言えるでしょう。

【実践】出会い系サイトの登録手順まとめ@ハッピーメール編